杭州天気 PM2.5

HOME > 編集部のつぶやき > 生きるのは判断の連続

生きるのは判断の連続

人生は、生きていると楽しい事ばかりではない。10代20代の若いころと違い、人生の折り返し地点を過ぎると人生は長いようで短いと感じる。若い頃も悩みはあるがその時以上に様々な事で悩まされ、悲しみ(人の死)、傷つく事が年を重ねると増えてくる。仕事でもそうだ弊社中国工場も必ず大小の問題が発生する。機械が老朽化すればメンテナンス費用が発生し、不良がでるなら品管を増員強化して人件費もかさみ利益にも影響がでる。顧客との約束した納期、時間的な問題、発生する費用の問題のバランスを熟考しながら判断をして解決しなくてはならない。今では笑い話だが杭州ナビのHPも時折ハッカーに狙われ何度修復作業をしたことか。(ターゲットにされる程のものでも無いはずなのだけど。笑。)そういう外部には知られない突発的に起こる問題を解決しながら会社は存続している。業種は違えど、どこの会社、社会も同様かもしれない。。トップが冷静に賢明な判断をしないと淘汰される、時には厳しいメスを入れなくてはならないときもある。そうなる前に防げたらとは思うが競争社会ある意味、頭脳の戦いで世の中甘くはない。個人でもそう、会社での「顔」、友人と会う時の「顔」、家族と居る時の「顔」、皆表情や言葉の使い分けの判断をしている。その場面、場面で誰も人の心の奥底のところは分からない。いや、わかる必要もないかもしれない、何故なら分かれば人間不信や自分や相手は傷つく可能性もあり、世の中知らない方が良い事もある。「処世術」という言葉もあるが社会人となると本音と建前の「常識的な範囲」が求められる。苦しみ、傷つき、病んでも前を向いて生きて行くために、ダニエルは世の中人生甘くないね~と、生ビールジョッキを片手にもちながら自分の良かれと思う事、自分の価値観に沿ってどう生きて行くか(仕事、プライベート、総括して)模索していくのが人生だと自分を納得させる。笑。あら⁈日中の比較にはなっていないけど世界共通か。チャンチャン♪♪


ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。