杭州天気 PM2.5

HOME > 編集部のつぶやき > 昨今の日本の若者は電話に出ない?

昨今の日本の若者は電話に出ない?

先日、日本のニュースでこのようなタイトルを見かけた。相手が20代のお客様なので何も言えないケースや部下の欠勤でもSNSで送信してくるケースもあるという。緊急で連絡を取りたく、携帯に電話しても出ずに時間が経ってから「電話内容は何ですか?」とメールやSNSで返事をしてくるらしい。メールをしても返事がリアルタイムで来ない為確認も遅くなり、電話で話をした方がニュアンスも伝わるし重要度も理解できると電話派の意見。若者の電話にでない派は今の時代はチャットやラインなど便利なツールがあるのだから煩わしい電話での連絡は不要と主張する。  時代の流れを吟味すれば両者の意見も理解はできる。ダニエルもどちらが正しいかは分かりかねる。。内容によってケースbyケースではあるが個人的には両方使いながら内容によって電話必須の場合も多々ある。相手がお客様であれば強要はできないが、どちらかが譲歩して落としどころを見つけないと解決はしない。電話に出ない派は、よっぽど実力のある人間(他人と関わりを持たなくても社会生活ができる人)なら認められるケースはあるのかもしれないが、どういう立場であれ折り返し電話しないなど相手を尊重していない点(知らない番号の営業電話は別として)や自分が逆のことをされた場合にどう思うか?という点が気になるが、世の中様々な職種形態があるし一概には言えないがいずれ各自にあった答えが返ってくるだろう想像する。


ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。