杭州天気 PM2.5

HOME > 編集部のつぶやき > 2020年令和2年

2020年令和2年

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。そういえば令和元年が、8カ月で令和2年になってしまいましたが、仕方ないですね、はい。2020年は、東京オリンピック開催がありまして楽しみです。節目でもある2020年、世界環境、情勢を含め新しい時代に突入していく感がありますね。時代の変化と言えば、日本では且つて「3K」と言う用語がありました。色々な意味のバリエーションがあるようですが、代表的な良い意味では「高学歴、高収入、高身長」、その逆では「危険、キツイ、汚い」などを表現していました。しかし高齢化が進む現代では「健康、金銭、孤独」とも受け取れる三大関心事かもしれない。どれも大事ではあるが、かといって努力すれば必ず何とかなるものでもないし。。
世の中というのは所詮不条理であり「思い通りに行かない」と嘆くより「どれかが足りないけど全体のバランスが取れていれば良いのでは?」くらいの気持ちでダニエルは受け入れている。また、この「孤独」は高齢者のみならず、現代人にも当てはまる。孤独と孤立は意味が違うが、ダニエルは何と2つ持ち合わせており、孤立は寂しいものだが、「孤独」は受け入れる努力はしている。現代のSNSでも顕著な気がするが、SNSを通じて癒される人も居れば、一層孤独を感じる人も居るかもしれない。
ただ孤独は自分で感じるものだが、生きている限り誰にでもついてまわるらしい。夜中にふと目が覚めた時に感じる孤独感?芸能人が薬物に手を出すのも孤独が原因か?!と勝手に想像する。知り合い、友人がどれだけ沢山いても、人が感じる孤独は存在する。それを、どう受け止めるかは自分次第であるが、自分の考え方や感じ方は誰とも同じではない、血の繋がった家族でも。
社会の和を大切にする一方で「自分は最終的に一人」であり、家族も親しい友人も、近づき過ぎると、どうしても意見が合わない時もあるが、それが必然だと思う。友人関係も仲良しと言っている割には、近づき過ぎると双方共に陰愚痴を言っている人たちもいる。世の中の様々な事件や揉め事も、人と人が起こしている。恐らく本当の良い関係は、近過ぎず良い距離感でいることかもしれない。とは言え社会の和を大事にしていると、そうも行かないケースも多々ありますよね~。ネット社会、SNSも含め文明が進化して便利になる世の中になりましたが、同時に副作用も発生するのが世の常でしょうか。


ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。