杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > 静岡日中友好春節・新年会開催!

静岡日中友好春節・新年会開催!



2月5日(日)静岡県静岡市で長く続く日中友好イベント『静岡日中友好春節・新年会』がアイセル21にて静岡市日中友好協会と中国交流協会主催で開催され80人ほど参加した。当日は、朝9時より静岡市のアイセル21にて中国人、日本人、また日本語学校のネパール、ミャンマーのお友達も参加し、一緒に約1000個の水餃子を作った。冒頭の挨拶では大石惇(あつし)会長の挨拶で始まり、水餃子を食べながら、二胡の演奏、腹話術、マジックショー、ビンゴなどで楽しんだ。
大石会長は3年前に静岡市日中友好協会会長に就き、また静岡大学名誉教授でもあり、30年ほど前から新疆ウイグル自治区に毎年通い、野生のリンゴの保護する活動を行っている。大石会長曰く『日中友好』と掲げてはいますが、中国の皆さんと仲良く、また国境や国籍を取り払い世界人みな仲良くとの思いのもと、日中友好に関わる活動をしているとのこと。また『今日までに、静岡県からも多くの日本人が中国に訪れています。今後は、中国からますます多くの中国人の方に日本にお越しいただき、このような会に参加して頂けたらと考えています。昔から、中国、日本はお隣同士の国です。引っ越しはできないのです。仲良くあるべきです。お隣さん同士、どちらかが困っていれば、助ける。人生なんて、短いもの。いがみ合うより、仲良くし、楽しく過ごした方が良いのではないでしょうか。これは、物心ついたころからの考え方、これが、私の基本の考え方です。』と取材の中で述べてくれた。
このような日中友好交流会は全国各地で開催されている。日本に帰任する方もお住まい地域の日中友好イベントに参加されてみてはいかがでしょうか?日中友好の一役を担うことができるかもしれません。編集部
(特別レポート 寺尾千佳子)





 


ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。