杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > 日本文化「着付けと茶道体験」in 浙江外国語学

日本文化「着付けと茶道体験」in 浙江外国語学

6月5日から8日までの3日間、浙江外国語学院、東方言語文化学院の日本語学科の教師と学生による活動が行われた。イベントでは日本人教師が浴衣や和服の着付けを実演し学生は互いに浴衣を着せあうなどの着付け体験をした。
  茶道体験は茶道を学んでいる学生の実演で多くの学生が抹茶を味わったほか、袱紗捌きとお茶のたて方を体験。
  着付け体験では、浴衣を着るのは初めてという参加者もいたが、驚くほど上手に着付けができたようだ。茶道体験では、茶道を学んでいる学生の指導のもと、お茶のいただき方、たて方、袱紗のさばき方などを体験した。慣れない正座に苦心しながらも熱心に取り組み、笑顔の中で楽しみながら学べたようだ。
  また今回の体験会は日本語を学んでいる学生を対象として開催されたため、もちろん参加者には日本文化に関する知識はあったようだが、実際に体験して触れることを通して得られたものも少なくなかったのではないだろうか。
 
※編集部 大学にはこれからの日中友好を担う人材が沢山いらっしゃいます。こういう活動により日本文化を知って頂き興味、好意を持ってもらえれば嬉しいですね。学校側のアイデアに感謝です。







ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。