杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > 第2回【ITソリューションセミナー &展示会in杭

第2回【ITソリューションセミナー &展示会in杭

 5月26日、杭州維景国際ホテルにおいて2回目となる「ITソリューションセミナー&展示会in杭州」が開催されました。
 今回は、最近日系企業の間で気になる話題の外国人就業許可制度やVPNに関する新しい情報、世界中で感染が拡大しているランサムウエアなどのセキュリティ関連情報や人事労務関連のトラブル事例をテーマに講演され、各社ITソリューション展示やセミナー終了後の交流会を含め、日系企業同志の情報交換の場としてとても有意義な一日となりました。
 セミナー第1部はNRI北京(野村綜研)上海分公司の王部長の講演で「中国で流行のセキュリティ事故と対策」と題して、ユーザが気づかない間に情報が盗まれてしまう恐ろしい攻撃の実態が紹介されました。5月12日に世界各国で起こった大規模なサイバー攻撃「WannaCryランサムウェア」は感染するとPCのファイルを全て暗号化されてしまい解除キーを購入しないと復旧できないため、企業においては日頃からの対策が大変重要だということでした。
 第2部は上海スターティア(上海思達典雅)柴田董事長の講演で「どうなる?!中国VPN規制」と題して、規制の解説と正しいVPNの利用方法が紹介されました。今年1月に発表された中国工信部からの通達により日本のニュースサイトで「中国でVPNが使えなくなるのでは?」と波紋を呼びましたが決してそんなことではなく、インターネット接続関連サービスを許可なく提供できないようになっただけで、結論として「正しいサービスを利用している限り影響は無い」とのことでした。
 第3部は上海奉行信息技術の劉総経理の講演で「人事労務リスクを抑えるために」と題して、人事システム専門企業である上海奉行のHRシステムを使った人事労務リスクを最小限に抑える方法が紹介されました。中国の法律に準拠したとても優秀なシステムで、日系企業も多数の企業が使用されているそうです。
 第4部はみらいコンサルティングの関董事長兼総経理の講演で「外国人の新就労許可制度の概要と実務対応」と題して、4月から全国実施された外国人就業許可の新制度の概要やその実務を正しく理解するための内容でした。最新情報として3月28日に公布された「全面実施に関する通知」では、前回公布したA、B、Cランク付けの基準と点数化評価基準の一部が見直しされ、追加された新たな基準に準ずることで当初と比べて相当緩和されたとのことでした。
 主催した杭州岡山信息科技・東忠索流順杭州はセミナーに協賛いただける企業を募集しています。会社パンフレットや商品サービス告知など、セミナーを通じて杭州の日系企業同志の情報交換ができるよう今後も盛り上げていきますのでお気軽にお問合せください。
(東忠ソリューション杭州 水越)
mizukoshi@ss-totyu.com







 


ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。