杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > 杭州地下鉄2号線 西北段開通

杭州地下鉄2号線 西北段開通

長約11.8キロメートルの杭州地下鉄2号線西北段が7月3日に開通した。東から西への区間は慶春广場駅、慶菱路駅、建国北路駅、中河北路駅、鳳起路駅、武林門駅、沈塘橋駅、下寧橋駅、学院路駅、古翠路駅を含め、2号線の朝陽駅-銭江駅区間と繋がる。試乗してみたが、東の銭江路駅から西の古翠路駅に行くには22分、2号線の西北全行程の所要時間もたったの53分で、バスよりも90分速くなった。2号線の西北区間の主な利用者は通勤者で、前期の利用者数は約30万人に達すると予想される。文二路、莫干山路、中河高架などの地上道路の渋滞を緩和し、さらに、主城区の交通圧力を緩和する見込み。
(参考記事:新浪新聞 写真は百度より)
※地下鉄の全線に言えることだが、改札口のカードの読み取りの反応が遅い。混雑時には改札口で人だまりができるため、センサーの改善を望む。(編集T)



ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。