杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > 中国(杭州)人工知能小鎮(海創園二期)

中国(杭州)人工知能小鎮(海創園二期)

7月9日、中国(杭州)人工知能小鎮は正式に開園した。
 中国(杭州)人工知能小鎮は未来科技城(海創園)のコアエリアとして、杭州城西科創大走廊の中段に位置している。人工知能を代表し、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、ネットワーキングなどの業態を網羅している。ロボット、スマートウェアラブルデバイス、UAV、次世代チップ設計の研究開発などの分野での人材を募集している。
 杭州未来科技城管委会主任の陳夏林氏によると、人工知能小鎮の建築は三期に分けているとのこと。一期は30万平方メートル工事はほぼ完成し、スタッフレストラン、人材マンション、ビジネスホテル、カフェ、ジム、飲食店などの設備や施設を続々設置する。
 開園の現場では、「未来已来」というグロバル人工知能サミットも開催し、国内外の専門家や学者を集めている。オックスフォード大学歴史学博士・「ホモ・デウス」の作者・ユヴァル・ノア・ハラリ氏は「人工知能と人工意識」のスピーチを発表した。(編編集部)







ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。