杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > 第29回杭州静岡県人会開催!

第29回杭州静岡県人会開催!




 
9月23日(土)日本料理喜山にて第29回杭州静岡県人会が開催された。今回の参加は36名と、引き続き多くの参加者が集い、美味しい料理を囲みながら、至るところから笑い声が起こる楽しい雰囲気の中での開催となった。

今回は、近年恒例となっている「流しそうめん」を実施。庭田副会長(蕭山ヤマハ楽器総経理)の冒頭の挨拶では「2009年から継続して開催されているこの静岡県人会“八座八酒”が、これまで以上に交流が盛んになりますよう今後ともよろしくお願いします。このような涼しい季節での流しそうめんですが、皆さん是非楽しんで行ってください」との言葉が述べられた。
開催場所となった日本料理喜山さんの御協力もあり、店内に流しそうめんセットを設置。5人一組となって、順番に流しそうめんを体験してもらった。
あれほど暑かった杭州の夏が嘘のように涼しくなり、「流しそうめん」の納涼感は少し薄らいでしまったが、竹筒の上を流れるそうめんをとらえようと、一同が笑顔で覗き込む姿は、杭州であることを忘れてしまうような光景であった。そうめんを流し始めた直後は、竹筒のつなぎ目から水が漏れたり、竹筒を支える支柱が倒れたりするハプニングがあったが、参加者がそうめんを流すことにも挑戦するなど、終始和気あいあいとした雰囲気で行われた。結果的には用意したそうめんは、ほぼ全て使うことができ、参加者たちは皆満足した様子であった。
中締めの挨拶を行った新美会長(アスモ杭州蕭山総経理)は、会員に対し、これまでの協力へのお礼を述べつつ「今年は静岡県と浙江省が友好提携を結んで35周年の節目の年であり、秋には各種記念行事が杭州において開催されます。静岡県人会においても、各種行事への協力等の話があれば、会員に対して情報提供していきたいと考えています。」と挨拶の中で述べた。次回の開催は12月中旬頃を予定している。

静岡県県人会は年に3~4回、定期的に集まって交流を深めている。今回は、会員の同僚の方や、留学生などの参加もあり、交流の幅も少しずつ広がっている。これまで、この静岡県人会の活動が8年も続けられているのも、各会員が育んできた絆によるものが大きい。今後もこの絆を大事にしながら「静岡県が好き」という人を更に増やし、各人・各所との交流を深めていけるような活動を続けていきたいと考えている。※静岡県事務局


ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。