杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > 静岡県・浙江省友好提携35周年記念式典

静岡県・浙江省友好提携35周年記念式典

   
   11月13日、浙江省人民大会堂において静岡県・浙江省友好提携35周年記念式典が盛大に開催された。静岡県からは静岡県知事をはじめとする代表団が浙江省を訪問し、浙江省に進出している県内企業関係者と合わせ約500名が式典に参加。また浙江省側からは約300名が出席し、両県省合わせて約800名もの関係者が一堂に会した。
   記念式典では中国共産党浙江省委員会の車俊書記から「友好提携35周年をきっかけに両省県が様々な領域において一層協力し、中日両国関係の発展に新しいエネルギーを注入することを願っています」と挨拶。静岡県からは川勝平太知事が「ありとあらゆる交流を通じて友好関係を深め、新しい時代を一緒に切り開いていきましょう」と挨拶し、双方から今後の両県省の友好関係が更に深まっていくことへの期待される。
   その後式典では、静岡県と浙江省の友好交流深化に関する共同宣言の調印、川勝平太知事に対する浙江省名誉省民の授与が行われ、さらに式典では、静岡県からの進出企業及び杭州静岡県人会を代表して新美会長(アスモ杭州蕭山総経理)が登壇し、企業活動の説明とともに「自動車の最新技術の開発と活用、中国自動車産業の発展に貢献するため、頑張ります」と挨拶した。
記念式典内に行われたアトラクションでは静岡県から現在、浙江大学に留学中の鷲山美奈さんが司会を務め、大観衆が見つめる中スムーズな進行を行い、浙江省内の学生が行う歌や踊りのパフォーマンスと共に大いに式典を盛り上げた。式典の後には交流会が行われ、美味しい杭州料理と共に静岡県の地酒が振舞われるなど、終始打ち解けた雰囲気で両県省の関係者が親交を深めることができ、今後の両県省にとって大変有意義な一日となった。
 


ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。