杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > 日中友好桜のお花見!

日中友好桜のお花見!

 

   3月25日㈰、花見大会が浙江大学友好桜花林にて、浙江大学日本校友会主催、NPO中国留学生交流支援立志会後援で開催された。2016年、2017年に引き続き、今年で3回目を迎えることができた。
 参加者は130名を越え、浙江大学学生、卒業生のみならず、浙江外国語学院や嘉興学院など他大学の学生、教員、そして浙江省や上海在住の中国人日本人が集まった。
 チーム対抗で、中国の身体ゲーム蘿蔔蹲(個人が野菜になりきり、自分の野菜の名前が呼ばれたら屈む。屈むのが遅れたら罰ゲーム)と、日中歌イントロクイズを行い、参加者のおもしろ回答に大いに盛り上がった。日本語、中国語が流暢でなくとも、時には参加者同士で助け合い回答を伝えようとすることで、初対面の参加者の仲を暖めることに繋がっただろう。
 花見大会で提供されたお菓子は、日本から参加したメンバーが持参した。日本の花である桜を鑑賞して楽しむだけでなく、日本の味を食べて交流することもできた。
 草の根の活動が3年間連続して開催でき、規模が年々大きくなっているのを見て嬉しく思う。立志会事務局




ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。