杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > 第4回ソフトボール交流戦IN杭州 (杭州VS青島

第4回ソフトボール交流戦IN杭州 (杭州VS青島


7月1日、浙江师范大学萧山グラウンドで、青島SBチームと上海160チーム、そして杭州WESTLAKERS1部チームと3部チームの合計4チームで、総勢50名の日本人が集まり、杭州で交流戦を開催しました。

この度、両チームの皆様、遠いところから杭州までお越しいただき、まずは杭州ソフトボール同好会を代表して、青島SBの小森会長と上海160の坂東会長及び選手の皆様にお礼申し上げます。
さて、天候は梅雨のど真ん中。前夜から早朝まで雨がしとしと降り続き、本番当日はどうなることかと心配しましたが、人間ツルツル坊主が数名いてくれたおかげで、当日の天候は曇り。なんとか無事に開催でき、怪我もなく大いに盛り上がった交流戦となりました。
我々杭州WEST LAKERSは彼らとは10年以上の交友関係があります。両チームとも年に2回上海で開催されるソフトボール華東大会では何度も優勝している強豪チーム。そんな彼らを目標に杭州WEST LAKERSは日頃からチーム作りをしてきました。今では彼らとは対等に戦えるレベルにまでなりました。
前日の6月30日の夜は、平海路の日本料理店の吉雅屋で恒例である酒対決の前哨戦を開催。札幌市のビール大会優勝者(20年前)との一気飲み対決や、遺伝子対決(毛髪)や、ポジション対決、キャプテン対決などで盛大に盛り上がりました。
交流戦当日、各チームのウィンドミルの剛速球エースが投げ合う真剣勝負とスリングショットのガチンコ打ち合い合戦。杭州WEST LAKERSのエースの西江(私)は見事に2勝しました。(笑)
グランド2面を使用し、各チーム3試合の交流戦を終え、午後は蕭山日本料理店の秋田屋で懇親会を開催。今度は各チームのMVP、ホームラン、三振、エラー、勝利投手などに該当する選手を指名し、お酒の乾杯で祝福。そして最後の締めは、青島チーム大芝さん(むかーし応援団長)が大声でフレ!フレ!フレ!の応援エール。
店員やホテルの宿泊者はビックリ仰天。携帯で撮影されるほどの喝采を浴びた。おそらく直ぐにWECHATでその映像が中国全国に拡散したことだろう。(笑)こうしてようやく無事に2日間を終えることができました。
今回の交流戦を開催した目的は、駐在員にとって中国駐在期間は限られた時間です。その間に多くの仲間達が入れ替っていきます。各チームは今日まで、そして今後もソフトボールを愛する仲間達の為に存続していくように頑張っています。中国の各地区で週末ソフトボールを楽しむ者たち全員が、地域の垣根を越えて友情を深める目的で交流戦を開催しました。                       次回の開催場所は青島と決定。日程未定ですが、毎年1度はどこかの地区で交流戦を行い、最終的にはアジア全域にこの和が広がることを目標にしたいと思います。杭州及び杭州近辺の駐在員の皆様、WEST LAKERSで週末ソフトボールをして、一緒に仲間を増やして楽しみませんか!日本では知り合えない、いろんな会社の人達と知り合えて、友達になれるチャンスでもあります。
どしどし入部をお待ちしております。※詳細は杭州NAVIサークル情報にて!
杭州ソフトボール同好会会長 西江




ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。