杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > 杭州夜のHOTスポット

杭州夜のHOTスポット

PartⅠ運河夜遊船 京杭大運河
杭州から北京を結ぶ全長1794km京杭大運河、紀元前5世紀に開削が始まり、6世紀に隋の煬帝が完成させた大運河。現在も杭州から北京をつなぐ経済活動の動脈になっている。その京杭大運河も観光や交通インフラにも活用され昼の顔は水上バス、大半の人が通勤に利用しているが、夕方になると運休してしまう。夜の顔は運河沿いの名所を通りながら夜景を楽しめる夜行の遊覧船があることをご存知であろうか。
杭州大夏からすぐ横手の武林門埠頭から遊覧船は出発し、船上ではお茶を楽しみながら優雅に流れながら西湖文化広場、富義倉などの名所を通過する。中国国内での人気も高く、杭州にいる際に一度試してみては如何でしょうか。
 
 時間:19 : 10、19 : 30、20 : 20 アーチの橋の下船で、武林門埠頭へは戻りません。)チケット:100元/成人   60元/子供
 夜遊船ルート:武林門埠頭—西湖文化広場—御埠頭—富義倉—乾隆舫—小河直街—橋西直街—拱宸橋—武林門埠頭(全行程約1時間、途中で停船はしませんのでご注意を。)


Part2 武林広場噴水
武林広場は杭州大厦、杭州劇場付近にあり、1985年広場に噴水を建設した。泉の池は空から見るとまるで五つの花の梅のように見える。それぞれの少女の石像があり武林広場の噴水は、「八乙女噴水」とも呼ばれているそう。
演出が始まると、水柱が噴出し曲線は蝶の翼のように、時にはこぼれた水袖のように、時には回転したバレリーナのように華麗な噴水ショーが拝見できる。その後、北の浙江展示館の壁に映し出された3 Dライトショーが開始。疾走した列車、空中を駆け回る巨龍、銭塘江の潮、三潭印月、西湖のハスの花など杭州の観光地の源を3 D映像を体験することができる、涼しくなった秋にもピッタリですね。
 
ライトショーは毎晩20 : 00に1回
音楽噴水は毎晩19 : 30、20 : 30ずつ、毎週金曜日、土曜日の夜21 : 00に1回演出する。




ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。