杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > 杭州大手企業とJ1清水エスパルス 業務提携発表

杭州大手企業とJ1清水エスパルス 業務提携発表

イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンFCのオーナーでもある杭州大手企業莱菌达集团の高継勝オーナーが5月25日、日本平ホテル(静岡市清水区)で調印式を行い清水エスパルスの鈴木健一郎会長とサウサンプトンFCの合意書にサインした。サウサンプトンFCは130年の歴史のあるチームで、日本代表DFの吉田麻也選手も所属している。今回の業務提携にはエスパルスが世界的な有名選手を多く輩出しているサウサンプトンFCの持つ育成ノウハウやビジネス面でJリーグよりも世界で先行しているプレミアリーグの手法を学び清水エスパルスファン層拡大などを狙う。
編集部:サウサンプトンFCのオーナーが、まさかの杭州企業、読者の皆様はご存知でしたでしょうか?杭州のすごさが止まりません。

サウサンプトンFC オーナー 高 継勝氏 左3
(株)エスパルス 代表取締役会長 鈴木 健一郎 右3
 
【立会人】
(公財)日本サッカー協会 会長 田嶋 幸三氏 右2
(公社)日本プロサッカーリーグ チェアマン 村井 満氏 左2
静岡県 川勝 平太 知事 右1
静岡市 田辺 信宏 市長 左1



ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。