杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > クロネコヤマト 交通安全教室を実施

クロネコヤマト 交通安全教室を実施

6月10日(月)、杭州日本人学校で幼稚部、下学年を対象にした交通安全教室が実施されました。この交通安全教室はクロネコヤマトが管轄する地区の中国全土の日本人学校で開催されています。
 この教室では交通安全の基本ルールを学ぶのが目的です。横断歩道の渡り方をクロネコヤマトの職員が分かり易く実演、危険行為や事故を再現しながら、児童たちに注意を呼びかけました。
 また、貨物車の運転手席に乗車し、車の死角となる範囲を体験しました。初めて乗る貨物車の運転席からの風景に児童たちも興味津々でした。楽しく、印象に残る交通安全教室となりました。 (編集T)

子供たちに手振り身振りで分かりやすく交通ルールを教えるヤマト国際物流有限公司統括本部海外生活支援部事業長の近藤友彦氏。


貨物車の運転席より実際にどのように見えるかを体験する児童。運転手から友だちが見えると○、見えないと×でみんなに合図を送りました。

ヤマト国際物流の指導員が迫真の演技で事故を再現しました。

貨物車の死角について学習する児童たち。この後、全員が運転席に乗車しました。

横断歩道の渡り方を丁寧に教えてもらい、右折車が来ないかなど、注意事項を学びました。

みんな安全に横断歩道を渡ることができました!
\
安全教室の最後にはクロネコからプレゼントが贈呈されました。

 


ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。